「プラチナデータ」東野圭吾作品、設定は面白いものの中だるみ

こんばんは、映画大好きしみーです。

そういえば、今年初めての映画でした。

東野圭吾作品の「プラチナデータ」を見てきましたよ。

内容は、

東野圭吾のミステリーを、主演に嵐の二宮和也、監督に『龍馬伝』『るろうに剣心』の大友啓史を迎えて実写映画化。最先端のDNA捜査システムで検挙率100%、冤罪率0%の社会に変貌を遂げた近未来の日本を舞台に、連続殺人事件の容疑者となった天才科学者の逃亡劇をスリリングに描く。DNAという究極の個人情報をモチーフにしたリアルな世界観に震撼する衝撃作。

DNA操作システムを使えば、犯人像だけでなく、顔形までわかってしまう。

犯人の検挙率が100%になるこのシステムを開発したのが、天才科学者である嵐の二宮。

自分で開発したシステムに自分が犯人だと言われ、連続殺人事件の容疑者となる。

しかしその裏には真のプラチナデータを巡る黒幕が。。。

 

真のプラチナデータとは何なのか、真犯人が誰なのかを考えながら見ていると面白い映画でした。

逃亡中のカーチェイスとか、二宮の泥臭い演技とかはいらなかったかなぁ。

杏のミステリアスな雰囲気は最高でした。

トヨエツももっさりした演技だったのが残念。

 

でも、近未来的な映像はすごくワクワクして、見てて楽しかったです。

 

 

sponsor link

ad

ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6

フォローする

sponsor link

ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください