「劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日」クレヨンしんちゃんみたいな仕上がりになっております

劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日

auのスマートパスでオンライン試写会に当選した「劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日」を鑑賞しました。

NHKを見ない人なので、ドラマ版はもちろん見たことなく、先入観なしで観ました。

ここからネタバレ含みます。

「あらゆる時代にタイムワープし人々の生活を記録し続ける時空ジャーナリストの物語」という設定は素晴らしく、江戸時代の人にインタビューをする姿は滑稽に思えてきます。しかし、のっけからのダチョウ倶楽部上島竜兵の演技が酷すぎて、それが最後まで続くのが辛い。そういうキャラ設定なのかなぁ?それにしても大概酷い。時代考証はしっかりなされているのだろうけど、結局安土城の謎はイマイチよくわからず。てか、安土城の話は最後の30分くらいしか出てこないし。まだこれなら、クレヨンしんちゃんのアッパレ!戦国大作戦の方が涙を誘ってくれて良かったと思える作品でした。普通のタイムスリップものって感じですね。

あ、夏帆たんはかわいいよ。

sponsor link

ad

ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

sponsor link

ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です