8,000円ランチに学ぶ価格の満足度

CKL itadakimasu500

みなさま、8,000円のランチは食べたことありますか?
僕は未だかつて食べたことありませんでしたし、プライベートで食べようと思ったことはありません。
しかし、たまたま今回仕事で縁があって、8,000円のランチを食べることが出来ました。

行った場所はお寿司屋さんでした。

すごくすごく楽しみにしていたわけです。

しかし、その気持ちは落胆に変わってしまった訳です。

明日に続・・・きません

コース料理で一品ずつでてきて、キャビアが始めに出てきたので、期待してしまったのですが、そこからは普通の料理の数々。
店員さんも和服を着ている訳でもなく、愛想が良いのでもなく、良い雰囲気が微塵にも感じられない。
お寿司屋さんなのに、メインのお寿司に至っては、握り立てじゃない。。。シャリが固いという始末。

なぜ8,000円するのか全く分からない料理でした。これじゃあ、誰もリピートしないですよ。
8,000円のランチで満足させようとするならば、まずは素材。原価率を上げないといけないと思います。
そして、サービス。ビールを入れる気配りであるとか、お茶のお代わりであるとか、気がつかないと。
どちらか一方でも満たされていたら、8,000円でもそうなのかなーと思いますが、どちらもなかったら満足度は低いですよね。特に始めにハードルが上がっているだけに。
二度と行かないと思いますが、満足度の良い勉強になりました。

sponsor link

ad

ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6

フォローする

sponsor link

ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください