至福の一杯のコーヒーはハンドドリップで

IMG 4104
先日喫茶店に行った時に、コーヒー雑誌を読んでいたんです。
その中に、ハンドドリップでのコーヒーの淹れ方という特集があって、
「休日のひとときを自分で豆を挽いたコーヒーを飲めたら幸せだなぁ」
と、見事に特集の戦略に引っかかり、Amazonでセットを購入してしまいました。

東京出張中の間に届いていました。

まずは、手挽きミル。
口コミを見ていたら、カリタのミルが評判良さそうなので、これにしました。
インテリアにもオシャレ!

そして、コーヒーサーバーはハリオのV60透過ドリッパー
ひとつ穴の方が抽出速度が速いので苦み成分が少なくなるそう。

フィルターも特殊みたいなので、注文しときました。

ドリップポットは金物の街新潟県燕市のこれ。

以上のものを購入して、そして豆はちょっと奮発して、カルディのジュエリーブレンドをアリオで購入しました。

まずは、手挽きミルで、豆を挽いてみます。
ゴリゴリと挽く感触がたまりません!

ポットも熱伝導性が高いからか、沸騰する時間が早く、ストレスがありません。
淹れ方はこのサイトを参考にしました。
・【内容詳細あり】スターバックスのコーヒーセミナー「ハンドドリップ編」まとめ

挽きたての豆は、蒸らすと息をしているようにポコポコします。
挽き済みの豆でも試してみましたが、ポコポコしませんでした。

味は言わずもがな、美味しいの一言です!
癒しの時間が流れました。

その後の掃除が大変なんですけど、まぁそれも込みの癒しということで。

sponsor link

ad

ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6

フォローする

sponsor link

ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください