不変のマーケティング(神田昌典)ーノウハウは不変

不変のマーケティング

著者の本は昔にも読んだことがあって、実践しようと思っても小売店でこそ活きるマーケティング手法が多く、断念してしまった。
しかし、先日仕事でセミナーをする機会があって、集客のヒントになればとこの本を購入。結果、見事セミナーは成功した。
コピーライティングひとつで反応が変わるダイレクトマーケティングの一片をかいま見た気がした。

感情マーケティングの基本概念

人間は「新たなメリットを得る」ために行動するよりも、「現在あるデメリットを回避する」ために行動する動機の方が強い。つまり知らなかったことにより自分が損をすることが嫌なのである。物語性を持たして、感情を揺さぶることが大事。

記憶喪失になっても思い出したいマーケティングの7原則

1、緊急性・・・緊急対象の特徴は2つ以上述べる
2、限定・・・ウソはつかない
3、ファクス・・・通信費は下がっている
4、指を動かせる・・・DMに立体物を入れる
5、思い切った保証・・・全額返金etc.
6、明確な指示・・・今すぐ電話を。今すぐ○○を
7、お客様の声・・・口コミは安心を与える

相乗りマーケティング

新規開業したら顧客リストが無い。だから、同じ客層の会社の販促に協力することにより、他社の顧客を自分の顧客にする。他社がDMを出す際に、DMコストを負担して自分のDMも出してもらう。

成約率の高い説明会の構築法

1、この説明会を最後まで聞き続けるメリットを表現する・・・終わったらどうなっているか?
2、つかみとして、冒頭は徹底的に成功事例を説明する
3、販売しようとする具体的な商品・サービスを説明する
4、ミッションを話す。なぜこの事業に取り組んでいるか。
5、緊急性を強調する・・・全員は買えない
6、具体的なその後の行動を説明する

人間が行動を起こしやすいPASONAの法則

P・・・問題点の明確化
A・・・問題点の炙り立て
SO・・・解決策の提示
N・・・解決策が限られていることの説明=絞り込み
A・・・行動への呼びかけ

まとめ

マーケティングの根本は「どうすればお客様が満足するか」に尽きると思う。
お客様を満足させるために知恵を絞って、商品サービスを提供する。
その思いが伝わるかどうかだと思う。

sponsor link

ad

ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

sponsor link

ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です