【DVDミニ評】「藁の盾」 このやりきれない思いはセブンに似ている

途中、新幹線を下車するまではスリリングな展開で面白かった!
瑛太の弟とか血気盛んな刑事役でなかなかだったし。
わざわざ台湾で撮影するほどのものはあったと思う。

でも、そこからは完全に尻すぼみに終わってしまった。
光ったのは世界一クズな男が似合う俳優藤原竜也。
最後までクズぶりを熱演していました。
クズ俳優としてこれからも頑張って欲しいと思います。

映画全体としてやりきれない思いが深く残る作品で、これは「セブン」に似てるんだよなぁ。もちろん作品としては圧倒的に「セブン」の方がいいんだけど、こういう作品は個人的にあまり好きじゃないですね。

sponsor link

ad

ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

sponsor link

ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください