「GODZILLA ゴジラ」3D吹替はもったいないなぁ

スクリーンショット 2014 07 27 17 07 22

なぜ3D字幕版がないのか。不思議でしょうがない。
詳細は感想で。

あらすじ

1999年、日本。原子力発電所で働くジョー(ブライアン・クランストン)は、突如として発生した異様な振動に危険を感じて運転停止を決意。だが、振動は激しさを増して発電所は崩壊し、一緒に働いていた妻サンドラ(ジュリエット・ビノシュ)を亡くしてしまう。それから15年後、アメリカ軍爆発物処理班の隊員である、ジョーの息子フォード(アーロン・テイラー=ジョンソン)は、日本で暮らす父を訪ねる。原発崩壊事故の原因を調べようと侵入禁止区域に足を踏み入れた二人は、そこで思いも寄らぬ光景を目にする。
シネマトゥデイより

感想(ネタバレあり)

まず、3Dで見る程の迫力がない・・・
そして、波留の吹替が棒読み・・・
見る予定の人は2D字幕をオススメします。

ゴジラが出てくるまで、開始から1時間。
ゴジラとムートンとの戦いは細切れ・・・
最後の最後で激しい戦いは見れたけど、ゴジラの炎であっという間に終了。
御涙頂戴のヒューマンドラマはいらなかった・・・

2014年最低得点です。。。
48点。

しみー的2014年映画ランキング

1、アメイジングスパイダーマン2 90点
2、オール・ユー・ニード・イズ・キル 85点
3、青天の霹靂 76点
4、MONSTERZ モンスターズ 68点
5、ゴジラ 48点

sponsor link

ad

ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

sponsor link

ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください