「進撃の巨人 エンドオブザワールド」壁よりも先に脚本が崩壊・・・

スクリーンショット 2015 09 21 19 34 08

シルバーウィークに突入し、映画館も賑わいを見せていました。
公開二日目に観に行きましたので、結構人が入っていました。

題名で大体わかると思いますが、目も当てられない87分でした。

あらすじ

100年以上ぶりに現れた超大型巨人に多くの人間が捕食され、生き残ったエレン(三浦春馬)は調査兵団の一員として外壁修復作戦を決行。しかし巨人に襲われてしまい、アルミン(本郷奏多)をかばったエレンは巨人に飲み込まれてしまう。その直後、黒髪の巨人が出現し、ほかの巨人たちを攻撃するという謎の行動を見せる。人類の存続を懸けて彼らは巨人たちと戦い続けるが……。
シネマトゥデイ

感想(ネタバレあり)

前編の僕の評価は低いどころかむしろ高いのです。
登場人物のキャラ設定は違うながらも、巨人の再現性が高かったので。

しかし、後編は最悪そのものでした。。。

簡単な流れは・・・

巨人は人間が作り出したもので、壁を破壊したのは政府の人間クバル。そしてエレンもシキシマも巨人化でき、エレンがクバルにやられそうになったところに、シキシマが助けに来て、クバル倒して、壁の修復完了。壁の外は海だった。物語はこれからだよで終了。

詳しい流れは・・・

前編のダイジェストの最後に、エレンの父(草薙剛が登場)がエレンに注射しているシーン

前編で巨人になったエレンは憲兵に拘束されている

殺されそうになったところで巨人登場。憲兵を全滅させ、エレンを連れていく

残されたアルミンら調査兵団は、前編にでてきた不発弾で壁を塞ごうと考える

エレンは白い部屋で目覚め、現れたシキシマに巨人は人間が作ったものだと聞かされる

ここで昔打たれた注射とエレンの巨人化が繋がる

巨人という人類の敵がいることで、政府が壁の中を支配できる。壁を破壊したのは政府かも?

アルミン達が不発弾を回収し、壁に向かう途中でシキシマとエレンに合流

ここでシキシマがその不発弾を内側の壁に使えと命令。政府にクーデターを起こすと宣言。

それは話が違うとエレンとシキシマの戦いが始まる

エレンは勝利し、不発弾をセットしたら、死んだと思っていたクバル(國村隼)が登場

実はクバルが壁を壊した大巨人だった

壁を修復されると困るクバルは不発弾の爆発を阻止

そこに現れるシキシマ。巨人化して不発弾を抱え、クバルに突っ込み爆発

エレンとミカサが壁の上に立っている。そこから見る壁の外の風景は「海」

エレンが「これから始まる」と言い終了

エンドロール後に、「実験体が2体逃走。逃げられやしない」とジュークボックスがつぶやく

突っ込みどころが満載というか、別に前後編に分けなくても、2時間半くらいで十分。

突っ込みどころは、
・シキシマとミカサのキャラ崩壊。
・シキシマとエレンは兄弟なのか?という伏線回収していないのに、最後にシキシマがエレンを助ける。
・クバルは無理して不発弾止めなくても、修復後にもう一度巨大化して穴開ければいいじゃん
・壁の向こうは海だった。ってそんな海の近くに壁作らないでしょ。
・無理やり政府と反政府派に分けて、最後は伏線回収せずに終了。

なんかもう色々残念で、僕は前編は試写会で見れたから良いですけど、お金払って前後編観た人はご愁傷様でした。

2015年しみー的映画ランキング

1、進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 93点
2、寄生獣 完結編 90点
3、ソロモンの偽証 前篇・事件 88点
4、アニー 80点
5、ソロモンの偽証 後篇・裁判 58点
6、進撃の巨人 エンドオブザワールド 20点

sponsor link

ad

ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

sponsor link

ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください