「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」ぼくは純粋に楽しめましたよ

スクリーンショット 2015 12 31 18 15 17

ルーク3部作はテレビで、アナキン3部作は映画館で観たしみーです。
フォースの覚醒は、レイ3部作の序章で、エピソード7に当たります。
ルーク3部作を映画館で観ていた人には、ハンソロやレイア姫が出ていて懐か楽しめる作品になっていたと思います。

解説

SF映画の金字塔にして世界中で愛され続ける人気シリーズの新3部作第1章で、『スター・トレック』シリーズなどのJ・J・エイブラムスが監督を務めた超大作。ジョン・ボイエガやデイジー・リドリー、オスカー・アイザック、アダム・ドライバー、旧シリーズのマーク・ハミルやハリソン・フォードらが出演。新たなエピソードやキャラクターと共に、最新鋭の技術とリアルなセット撮影を融合した映像にも期待。
シネマトゥデイ

感想(ネタバレあり)

序章としてはこんなものかなぁと。
懐かしい面々が出てきただけで、往年のファンは楽しいですよね。

初めて見る人にとっては、人間関係が分かりにくい気もします。
レイは棒術で暴漢を倒すシーンがあったので、最後のアクションシーンでもライトセーバーを棒術みたく使ってくれると思っていたのですが、普通の剣術で残念でした。。。

エピソード8に続くシーンが多くちりばめられていたので、次の作品に期待です。

最後の最後で1ヶ月1作品達成しました!
今年の1位はジュラシックワールドでした!

83点!

2015年しみー的映画ランキング

1、ジュラシックワールド 95点
2、進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 93点
3、寄生獣 完結編 90点
4、バクマン。 89点
4、劇場版 MOZU 89点
6、ソロモンの偽証 前篇・事件 88点
7、グラスホッパー 85点
8、スター・ウォーズ/フォースの覚醒 83点
9、アニー 80点
10、コードネーム U.N.C.L.E 70点
11、ソロモンの偽証 後篇・裁判 58点
12、進撃の巨人 エンドオブザワールド 20点

sponsor link

ad

ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

sponsor link

ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です