「君の膵臓をたべたい」伏線を全て回収してしまうスッキリした作品でした

スクリーンショット 2017 08 20 9 52 29

これまた久々の映画です。
題名を聞いただけで、絶対この映画観ないだろうと思っていた作品。
ゾンビ映画か何かか、と。

でも、LINEマンガでの連載を読んで、そういう物語じゃないことを知り、映画を観に行きたくなりました。

正直、涙腺崩壊。
「世界の中心で愛を叫ぶ」を観て、泣いたことのある人はハンカチの用意がいるでしょう。
好きな人が死ぬ映画はダメだよ。。。

あらすじ

高校時代のクラスメイト・山内桜良の言葉をきっかけに教師となった“僕”は、教え子の栗山と話すうちに、桜良と過ごした数カ月間の思い出をよみがえらせていく。高校時代の“僕”は、膵臓の病を抱える桜良の秘密の闘病日記を見つけたことをきっかけに、桜良と一緒に過ごすようになる。そして桜良の死から12年後、彼女の親友だった恭子もまた、結婚を目前に控え、桜良と過ごした日々を思い出していた。
シネマトゥデイ

感想(ネタバレあり)

まだ観てない人はこれ以降は読まない方がいいです。

ウチの奥様が、主人公の女の子を見て、あのキャラないわーと言ってましたが、個人的には世の男どもはあんな女子に惚れると思っています。
病気で死ぬことがわかっているのに、常に明るく振舞う女の子。
男を振り回す小悪魔キャラ。

主人公の浜辺美波が可愛いすぎです。なぜ今まであまりTV露出なかったのか。
死ぬとか死なないとか関係なく、振り回されたい。

ラストは病気で死ぬのではなくて、通り魔に殺されてしまう。
そこに、命を全うできなかった悲しさが残ります。
いつ死ぬのなんてわからない、だから今をめいいっぱい生きなければならない。
命の価値は同じだよと主人公がいった言葉がその時、蘇ってきました。

お互い伝えたいことが伝えられないまま、主人公は死に、共病日記や図書館に隠された手紙で真実を知ります。
そして、すべての伏線を回収して物語はエンディングを迎えます。
君の膵臓を食べたい、それは愛の告白のメッセージだったわけですね。

高校生向けの映画だと思いますが、久しぶりに青春を思い出せたいい映画でした。
こんな青春ならやり直したいかな?

sponsor link

ad

ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

sponsor link

ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です