会社員の小遣い4万円=30年前と同じ水準とは辛い

こんばんは、平均的なお小遣いを貰っているしみーです。

しかし、世知辛い世の中ですね。

・会社員の小遣い4万円=30年前の水準-新生銀調査

 

娯楽も増え、使うお金も多い中、小遣いだけは減る一方。

小遣いの平均額は、バブル最盛期の1990年に7万7725円とピークに達し、2012年には3万9756円と81年(4万833円)並みにまで下落した。

バブル期は倍もらっていたというのだから驚き。

 

週に1回飲みに行って、月に1回ゴルフに行って、なんやかんやでもうお小遣い無くなります。

これにダイビング行くようになれば、ゴルフ行く回数が減りそうです。

来年の4月、給料が上がった際には、お小遣いの改定を要求しよう!

sponsor link

ad

ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

sponsor link

ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です