「清洲会議」 歴史を少し勉強していると更に楽しめる作品です

清洲会議

三谷幸喜作品は、マジックアワー以来の劇場鑑賞です。
素敵な金縛りをテレビでやっているのを見て見に行きたくなりました。
テレビの威力は偉大ですね。

内容は、本能寺の変後の織田家の家督相続争いを描いた作品です。
清洲会議でそれが決められる訳ですね。
柴田勝家と豊臣秀吉が争い、その後の天下統一につながって行く訳です。

というような歴史認識を持った状態で見ると楽しめる作品だと思います。
特に、大泉洋の演技は素晴らしいものがありました。
まさにサルですね。

三谷作品にしては、笑いが少し少なめだった気もします。
マジックアワーくらいの大笑いが欲しかったです。
そこが少し残念でした。

sponsor link

ad

ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6

フォローする

sponsor link

ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください