「世界にひとつのプレイブック」ジェニファーローレンスの好演に限る

プレイブックって、アメフト用語なんかな。アメフトが劇中に何度も出てきます。
この邦題から何も想像できない具合が、「君に読む物語」級のもったいなさを感じます。
Amazonインスタントビデオのキャンペーンでレンタルしました。

もともと躁鬱病だった主人公(ブラッドリークーパー)が、妻に浮気され、さらに悪化してしまいます。
しかし、妻への気持ちは忘れられない。
そんな時に夫と死別し、同じ心の病を持つティファニー(ジェニファーローレンス)に出会います。
2人は心の傷を癒すために、ダンスコンテストに出場を決意し、練習を始め、そして2人の距離は・・・

この映画の見所は何と言っても、ジェニファーローレンスの好演。
ていうか、目力がすごい!
ハンガーゲームの時も感じたんですが、人を惹き付ける目をしていますね。
吸い寄せられます。

公開している時に全然気づかなかったのは、邦題に魅力がないからなんでしょうね。難しいんでしょうけど。

sponsor link

ad

ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6

フォローする

sponsor link

ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です