【DVDミニ評】「アウトレイジビヨンド」 ラストは想像をかき立てられる

アウトレイジビヨンド

ヤクザ映画というのはなぜこうもワクワクするんでしょうね。
非日常の世界だからでしょうか。

前作アウトレイジの続きになる本作。
始めの方はおとなしく進みますが、北野武が出所してから一気に爆発します。
そこからはドンバチしまくり。

そしてすべて終わったと思ったら、最後の最後にまさかの展開がおこります。
ネタバレなので省略しますが、いきなりのことで色々と想像してしまいます。
誰かがリークしたのか?それとも好きなようにされて腹が立っていたのか?
あれこれ考えることができるというのは名作ですね。

sponsor link

ad

ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6

フォローする

sponsor link

ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です