夏休み最後の週末!都内から電車で行ける「氷川キャンプ場」でソロキャンプをして来ました!

IMG 0304

キャンプ熱が復活してきたしみーです。
お盆に家族でキャンプをしてから、もっとキャンプを楽しみたいと思い、学生時代ぶりのソロキャンプを敢行しました!

今から予約ができるキャンプ場などはなく、先着順のところを探していると・・・
「氷川キャンプ場」というところが奥多摩にあるみたいなので、そこに決めました。
都内から電車でもいけるという点が非常に魅力的です。

IMG 0306

とはいえ、単身赴任の家には何も準備はなく・・・。
最低限必要なものは、テント・シュラフ(寝袋)・マットの下記3点。
アマゾン安くて早い!

氷川キャンプ場には近くにスーパーやコンビニがあるので、上記の3点だけでも十分に行ける感じでした。
が、やはりこの機会にキャンプ道具を揃えておこうと、下記のものを購入。
・ガスバーナー

・スノーピークのシェラカップ

・BBQグリル

・ローテーブル

・パーコレーター(コーヒー淹れる機器)

・バックパック(50L)

後は、100円均一で下記のものを購入。
セリアはキャンプ用品の品ぞろえがすごすぎですね。
・ランタン
・着火マン
・電池
・レジャーシート
・クーラーバック
・シェラカップ
・軍手
・トング
・網
・ガス缶

これだけ揃えて、計23,830円!
3万円以内に抑えました。
ほとんどアマゾンで購入。
プライムのおかげで、火曜注文木曜着。

しかし、やはり高いものにしておけばよかったと少し後悔することになります。
それは・・・この写真を見てください。

IMG 0277
IMG 0276

まず、全てがバックパックの中に入らない・・・
そもそもバックパックの大きさが小さかった。
80Lくらいにするべきだったと反省。

バックパックに入らない元凶は、シュラフとマット。
シュラフの大きさがここまでとは思っていなかった(まぁ、寸法は買う前にわかってるんですけど)
この辺は、モンベルなどの高いものにして、マットも折りたたみのコットとかにすれば解決するのでしょう。

でも、こうやって外に出ている方が、いかにもキャンプみたいでいいかも。
というわけで、当面はこれで行くと思います。

そんなこんなでようやく出発。
友人も一緒に行ってくれることになり、行きは車を出してくれました(友人は日帰り)
朝は5時起床の5時30出発。
高速は少し混みながらも、都心からちょうど2時間くらいで着きました。

誰かのブログを見ていたら、7時30分から駐車場が開くと書いていたので、ちょうどだーと思ったら、8時に空くとのこと。。。
我々の前には1台しかなく、早すぎたかと思ったら、8時までに5,6台はやってきてました。

駐車場に止めて、受付に並ぶと、電車で来た人が並んでいました。
無事に4番目に並べて、8時30分から受付が始まりました。
その時点で10人くらいは並んでいましたね。
後から聞いた話だと、9時には既に満員になってたみたい。
さすが夏休み最後の週末ですね。
ただ、団体キャンプも入っていたので、それのせいで少し一般は制限されていたのかも。
IMG 0282

早い時間だったので、木陰のベスポジをゲット。
テントなどの設営を終えて、ビールで乾杯。
隣のソロキャンパーにご馳走してもらいました。

IMG 0285
昼は、BBQして、昼寝して、読書して、コーヒー飲んで、だらだらして、
夜は、たき火して、カップラーメン食べて、ウイスキー飲んで、
と自由を満喫した週末ソロキャンプでした。

556858726 199941

IMG 0302

IMG 0296

IMG 0298

焚き火の様子は動画でどうぞ(音出ます)

大きいなぁと思っていたシュラフも結局明け方の寒さで使用しました。
邪魔者扱いしてごめんなさい。

次の日は、チェックアウト10時でしたが、早々と片づけて帰路へ。
お昼までには家に着けたので、半日また休みを満喫できました。

今週末は雨が降るみたいなので、次は9月の2週目に行ってみようかなぁ。

sponsor link

ad

ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6

フォローする

sponsor link

ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください