「寄生獣」 原作とは少し違うけど面白かった!染谷将太はぴったり。

スクリーンショット 2014 11 29 15 57 47

マンガボックスで初めて読んだ本作品。
僕が8歳の頃に連載されていたようで、累計発行部数1100万部らしく、1話目から惹きつけられ、マンガボックスでの掲載が終わったら、すぐに漫画喫茶で読み切ってしまいました!

1980年代にここまでの作品が生まれていたなんて、すごいなぁと思うと同時になぜ今まで映画化されなかったのかと思ってたら、ハリウッド化が検討され白紙になってたみたいですね。
まぁでも当時の邦画では映画化しても失敗していたと思うので、今で良かったなと。

あらすじ

海辺に漂着した小さな寄生生物、パラサイト。彼らは人間に寄生しては宿主に擬態し、ほかの人間を食料としてむさぼっていく。そのうちの1匹が至って普通の高校生・泉新一(染谷将太)に寄生するが、脳を乗っ取ることができずに右手に宿る。自身の肉体にパラサイトが寄生して驚がくする新一だったが、彼をミギーと呼んで共生するうちに奇妙な絆を育むように。やがて、彼の通う高校に教師・田宮良子(深津絵里)に寄生したパラサイトやって来る。それを発端にほかのパラサイトが次々と出現し、新一とミギーに襲い掛かる。
シネマトゥデイ

感想(ネタバレあり)

ミギーの声が阿部サダヲだけあって、コミカルな感じに仕上がっていたのが残念。
もっとこう冷酷なミギーから、新一と触れ合い変化していく姿が見たかった。
所々、原作とは違うかったけど、原作レイプと言われるほど酷くはなかったし、僕は十分楽しめました!
特に染谷将太は原作の新一とぴったりですね。ナヨナヨした感じから、強くなっていく姿が上手に演じられていました。
そしてやはり最初の捕食シーンが一番圧巻ですね。これだけでも十分スクリーンで見る価値あります。
エンディングの後に、後編の予告があるので、これから見る人は最後まで見て帰りましょう。
来年の4月が楽しみです!

83点。今年の邦画最高点更新です!

しみー的2014年映画ランキング

1、アメイジングスパイダーマン2 90点
2、オール・ユー・ニード・イズ・キル 85点
3、寄生獣 83点
4、舞妓はレディ 80点
5、青天の霹靂 76点
6、MONSTERZ モンスターズ 68点
7、ゴジラ 48点
8、ルパン三世 35点

sponsor link

ad

ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6

フォローする

sponsor link

ad

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください